HOME > 新着情報 > ニュース > 伊万里ブドウ初出荷

伊万里ブドウ初出荷

1 ぶどう安全操業・高値販売祈願 初出荷 (55).JPG
JA伊万里産ブドウの出荷が6月28日に始まりました。同JA前平集荷場には、ハウス巨峰60キロが持ち込まれ、その日のうちに市場へ向けて出荷されました。今年産は、若干小玉ではあるが朝晩の気温格差により着色がすすみ、糖度も高く品質外観も良好に仕上がりました。取引市場はJAに対して7月盆、8月盆に向け化粧箱出荷を要請し、贈答品への供給を積極的に行う計画です。
同JAぶどう部会の石堂利保部会長は「生産者は最後まで気を抜かず最終管理を行い、高品質ブドウの出荷で高値販売に繋げていきたい」と初出荷に向けて抱負を語りました。
13年産、同JAのブドウ出荷量は200トンを計画しており、巨峰をメインに関西、九州市場へ向け9月末まで販売を行っていきます。

写真=巨峰の出荷準備を行う従業員

  • 年間イベントスケジュール
  • 生活役立ち情報
  • 広報誌ゆめいまり(Web版)
  • 安心のJAバンク
  • 保証充実JA共済
  • もしものときには(葬祭関係)
  • 困ったときには(交通事故・通帳紛失など)
  • プレゼントコーナー
  • リンク
  • 組合員の方へ(※パスワードが必要です)
苦情処理措置・紛争解決処置
  • JAバンク
  • JA共済
  • 伊万里梨のキャラクター紹介

SSLとは?